日本ミャンマー協会 会員募集のご案内

ご案内の通り、ミャンマーは民主的な総選挙を経て新政権がスタートし、政治犯の釈放、大統領とアウンサンスーチー氏との対話でみられるように国民和解が実現しつつあります。更に、海外に門戸を開き、我国とも2011年11月ジャカルタにおいて野田首相とテインセイン大統領との首脳会議をきっかけに閣僚級の交流も開始され、1月に麻生副総理、5月には安倍総理のミャンマー訪問が実現しました。一方、2012年4月20日から24日にかけて同大統領の公式訪日が、2013年12月には同大統領の2度目の訪日が実現しました。

日本ミャンマー協会は、今後飛躍的に発展が期待される両国関係の交流促進に民間の立場で貢献していくため、特に民間の投資促進、貿易の拡大、技術協力、人材育成などの面において、ウィン・ウィンの関係構築実現のために、2012年3月に設立されました。
お陰様で皆様のご理解とご協力により2017年3月時点で160社を超える企業・団体様にご加入頂きましたが、更に幅広い企業・団体様のご支援・ご協力を賜りたく引き続きご入会の案内を続けております。

就きましては、当協会設立の趣旨をご理解いただき何卒当協会へのご入会を賜りたく宜しくご検討のほどお願い申し上げます。


一般社団法人 日本ミャンマー協会
会長 渡邉 秀央

top