協会5周年記念対談

対談内容詳細は、こちらをクリック願います。

発展するMyanmar

日本とミャンマーとの関係は、戦前、戦中、戦後を通じ緊密な関係にありました。それは、第一にミャンマーの人々の人柄と優しさと仏教国としての共通性等がミャンマーにかかわってきた多くの日本人を魅了してきたという事実がその背景にあったからです。
日本ミャンマー協会は、日本ミャンマー間の民間レベルによる経済、社会及び文化等を含む幅広い分野の交流の増進をはかり、両国間の親善を強化、発展させ、WIN-WINの戦略的関係を構築するため邁進します。


新着情報

2018年7月12日~17日

渡邉会長、渡邉常務理事のミャンマー出張

ネピドーでは、6月初めに就任されたソー・ウィン計画・財務大臣を表敬訪問しました。また6月に兼任でミャンマー投資委員会委員長に就任されたタウン・トゥン連邦政府大臣、チョウ・ティン・スエ国家顧問府大臣、キン・マウン・チョウ工業大臣、イェ・アウン国境大臣、テイン・スエ労働・入国管理・人口大臣、国軍司令官等々と面談しました。ミャンマーへの投資状況、今後開催されるMSME特産品展示品評会、職業訓練所、農業分野での生産性向上のための日本への研修生の派遣、技能実習生関連等々について意見交換を行いました。ヤンゴンでは、NLD幹部と面談しNLD若手の日本研修につて意見交換を行いました。
写真はこちら [Photo PDF]
2018年6月28日

第7期定時理事会・社員総会を開催

当協会の第7期定時理事会、社員総会を憲政記念館で開催致しました。総会には、約130人の理事/会員企業からの代表者が出席し、2017年度決算、2018年度収支計画/事業計画・方針、辞任に伴う新任理事・監事の選出についての議案が承認されました。また、総会後にはミャンマー日本人材開発センター初代所長の金丸守正様よりミャンマーの人材育成支援について講演をして頂きました。
写真はこちら [Photo PDF]
2018年6月25日

国際大学留学生の卒業を記念して懇親会を開催

ミャンマー政府から国際大学に派遣されていた留学生が、2年間の留学を終え帰国することになりました。協会では留学生の皆さんの帰国後の活躍を期待し懇親会を行いました。
写真はこちら [Photo PDF]
2018年6月12日

チョー・ティン・スエ国家顧問府大臣との夕食懇談会

24回国際交流会議「アジアの未来」で講演するために来日されたチョー・ティン・スエ国家顧問府大臣との夕食懇談会を協会主催で開催しました。懇談会には、渡邉会長、仙谷副会長はじめ多くの協会理事に出席願い大臣との幅広い意見交換を行いました。
写真はこちら [Photo PDF]
2018年5月30日〜6月9日

渡邉会長、渡邉常務理事のミャンマー出張

5月末より6月初めにかけて、渡邉会長と渡邉常務理事はヤンゴン、ネピドーへ出張しました。ヤンゴンでは、ヤンゴン医療技術大学におけるメディカルエンジニア育成体制強化プロジェクト開講式(詳細はミャンマーフォーカス7月号で報告)に出席し、またNLD中央青年運営委員会メンバーと面談し、日本におけるNLD若手の研修につて意見交換を行いました。更に、技能実習生関連では、MOEAF(ミャンマー海外人材派遣協会)のピーター新会長他幹部と面談し意見交換を行いました。 ネピドーでは、商業大臣、国家顧問府大臣、工業大臣、国境大臣、保健・スポーツ大臣等々と面談を行いました。第4回以降の今後のMSME特産品展示品評会、農産物の生産性向上のための農業プログラム、医療機器人材育成、介護人材育成等々について意見交換すると共に、労働・入国管理・人口省幹部へは最新の技能実習生に関するデータを報告し、介護人材育成等について意見交換を行いました。
写真はこちら [Photo PDF]

会員向け協会情報誌 バックナンバー : 主要項目

※バックナンバーは有料でおわけします。お問い合わせください。

MYANMAR FOCUS 24号 24号(2018年7月30日発行)
  • 日本ミャンマー協会 第7期定時理事会・社員総会を開催
  • 医療機器人材育成の支援プロジェクトがスタート
    当協会主催の勉強会での提案が具体化へ
  • 渡邊秀央会長インタビュー
    ティラワ経済特区誕生に生みの苦しみ
    聞き手 工藤 年博 政策研究大学院大学 教授
  • 〜日本ミャンマー協会定時社員総会 特別公演〜
    ミャンマーの人材育成支援への取り組みについて
    ミャンマー協会日本人材開発センター(MJC)初代所長
    金丸 守正氏
  • ミン・トゥエ保健スポーツ大臣との懇親会を開催
  • ミャンマーオリンピック委員会歓迎レセプションを開催
  • ミャンマー発のチョコレート 海外市場進出を視野に
    ミャンマー総合研究所上級主任研究員 宮野弘之
  • ミャンマー協会活動報告
MYANMAR FOCUS 22号 23号(2018年4月20日発行)
  • ミャンマー連邦共和国独立 70 周年を迎え
    日本ミャンマー協会会長 渡邉 秀央
  • ティン・チョウ大統領(当時)独立記念日の国民への
    メッセージ
  • ミャンマー新大統領にウィン・ミン前下院議長が就任
  • テイン・セイン大統領との出会いと新たな日緬関係
    聞き手 工藤 年博 政策研究大学院大学 教授
  • 未知なるミャンマーの生物多様性を探る
    ~国立科学博物館の取り組み~
    対談 日本ミャンマー協会副会長 仙谷 由人
    国立科学博物館 植物研究部 研究主幹 田中 伸
  • 日本ミャンマー協会理事懇談会を開催
  • 注目集めるミャンマー・コーヒー
    ミャンマー総合研究所 上級主任研究員 宮野 弘之
  • 日本ミャンマー協会技能実習生部 2017 年度業務報告
  • 日本ミャンマー協会活動報告
MYANMAR FOCUS 22号 22号(2018年1月10日発行)
  • 協会設立5 周年記念対談
    ミャンマーと日本の関係発展にむけて精一杯取り組む
    日本ミャンマー協会会長 渡邉 秀央
    駐日ミャンマー連邦共和国 トゥレイン タン ジン大使
  • ティン・チョウ大統領が就任後初来日
  • ウィン・ミン国民議会下院議長が初来日
  • 出張報告 仙谷副会長/ 渡邉会長
  • ミャンマーの特産品調査を実施
  • ミャンマー新会社法が成立
    弁護士 太田 浩之
  • ヤンゴンをアジア一住みやすい町に
    ヤンゴン・ヘリテージ・トラストの取り組み
  • 日本ミャンマー協会活動報告
MYANMAR FOCUS 21号 21号(2017年10月25日発行)
  • 協会設立5 周年記念鼎談
  • ミャンマー経済発展における日本の役割と期待
    NLD 中央経済委員会 ハンター・ミン委員長
    NLD 中央経済委員会 ミョウ・ミン委員
    日本ミャンマー協会 渡邉 秀央会長
  • ミャンマー連邦共和国
    ミンアウン・フライン国軍司令官が訪日
  • 日本語スピーチコンテストが開催される
  • 引く手あまたの高度人材
    ミャンマー総合研究所上級主任研究員 宮野 弘之
  • ミャンマーにおける簿記人材育成への取り組み
  • 国民和解と和平に関する政府の努力
  • ラカイン州問題等に関するアウン・サン・スー・チー国家最高顧問の演説
  • 日本ミャンマー協会活動報告
MYANMAR FOCUS 20号 20号(2017年7月25日発行)
  • 日本ミャンマー協会 定時社員総会開催
  • 対談 タン・ミン商業大臣 × 渡邉秀央会長
  • <さらなるミャンマーの成長と発展を願って>
  • ミャンマー少数民族の現状について
    日本財団会長、ミャンマー国民和解担当日本政府代表
    笹川 陽平
  • TOGETHER WITH THE PEOPLE ( 国民と共に)
  • <政権発足後1年を振り返り>
    (スー・チー国家最高顧問テレビ演説)
  • 第4回ミャンマー医療機器人材育成研究会を開催
  • 日本ミャンマー協会活動報告
MYANMAR FOCUS 19号 19号(2017年4月20日発行)
  • ティラワ経済特区ゾーンB 起工式が行われる
  • 第4 回中小企業ビジネスマッチングを実施
  • タン・ミン商業大臣 歓迎レセプションを開催
  • ミャンマーへかける夢 第15回
    キリンはミャンマーの人々の豊かで幸せな生活に貢献したい
    キリンホールディングス(株)
    常務執行役員 ミャンマー管掌

    兼 ミャンマーブルワリー社取締役社 南方 健志
  • 日本ミャンマー協会活動報告

1号から18号まではこちら



会員募集のお知らせ

2012年3月に協会活動を開始して以来、お陰様で大企業のみならずミャンマーに関心のある多くの中小企業様にも加入戴き、現在会員数は約160社となっており、様々な分野で活発な活動を行っています。「会員名簿(PDF)」
昨今の両国関係の深化を踏まえ、更にミャンマーに関心のある企業様に会員になって戴き「各分野での両国間の交流」「情報の共有」などに努めて参りたく、改めてご案内致します。

尚、詳細・申込方法などはHPの「入会のご案内」欄をご参照下さい。電話でのお問い合わせは「03-3234-3670 協会事務局」までお願いします。

  • Myanmar Calendar




  • ティラワSEZ開発 PDF

今後のイベント予定

  • MYANMAR FOCUS 25号
    2018年10月発行予定

完了済

  • 渡邉常務理事、第3回MSME特産品の展示品評会へ出席(2018年5月11日〜13)
    エーヤワディ管区のMSME(零細・中小企業)で製造された特産品の展示品評会が工業省主催により州都パテインで開催されました。
    → 詳細はこちら
  • 保健・スポーツ省次官との面談(2018年5月8日)
    渡邉会長は、九州歯科大学で開催された「アジア太平洋国際カンファレンス(APC) 2018」へ出席するために来日したテッ・カイン・ウィン次官と都内で面談しました。
    → 詳細はこちら
  • ミャンマーオリンピック委員会視察団とのレセプション(2018年4月24日)
    2020年東京五輪・パラリンピックに向けた視察のためミャンマーオリンピック委員会ミョー・ライン事務局長一行が来日され、星槎グループ、世界こども財団、当協会との共催にて歓迎レセプションを開催しました。
    → 詳細はこちら
  • 保健・スポーツ大臣との夕食懇談会(2018年4月14日)
    4月13日~14日の日程にて東京で開催された第3回閣僚級世界患者安全サミットへ出席するために来日されたミン・トゥエ保健・スポーツ大臣と当協会・医療関係者との夕食懇談会が開催されました。
    → 詳細はこちら
  • 渡邉会長、渡邉常務理事のミャンマー出張(2018年4月7日〜11日)
    ミャンマーへ出張し、ネピドーでは工業大臣、労働・入国管理・人口大臣、商業大臣、国境大臣、保健・スポーツ大臣等との面談を行いました。
    → 詳細はこちら
  • ミャンマー国軍創設73周年記念式典(2018年3月27日)
    在日ミャンマー大使館主催のミャンマー国軍創設73周年記念式典が開催されました。大使館よりの招待を受け渡邉会長が参加致しました。
    → 詳細はこちら
  • MPT幹部・職員との懇談会開催(2018年3月7日)
    ミャンマー国営電気通信事業体はミャンマーにおける携帯電話事業をKDDI・住友商事の事業パートナーとして展開中です。
    → 詳細はこちら
  • 2017年度協会理事懇談会を開催(2018年2月26日)
    憲政記念館に於いて2017年度の協会理事懇談会を開催致しました。
    → 詳細はこちら
  • 第1回MSME特産品の展示会がマンダレーで開催(2018年2月23日〜25日)
    マンダレー管区並びにカチン州のMSME(零細・中小企業)で製造された特産品の展示品評会が工業省主催により州都マンダレーで開催され、当協会も協賛致しました。
    → 詳細はこちら
  • 渡邉会長、渡邉常務理事のミャンマー出張(2018年2月14日〜20日)
    2月中旬にミャンマーへ出張し、ネピドーでは工業省に対して、またヤンゴンではUMFCCI並びにNLD中央経済委員会メンバーに対して中小企業の特産品についてのセミナーを実施しました。
    → 詳細はこちら
  • ミャンマー特産品調査の日本国内スタディツアーを実施(2018年2月13日〜17日)
    2月中旬にミャンマーよりコーヒー、カカオ、蜂蜜等の関係者が来日し、日本の関係企業の視察を行いました。
    → 詳細はこちら
  • 「技能実習生部」 事務所移転のお知らせ(2018年2月13日)
    このたび当協会 「技能実習生部」は以下の住所に移転致しましたのでお知らせ致します。
    → 詳細はこちら
  • ミャンマー独立70周年記念レセプション(2018年1月25日)
    1月25日、ミャンマー大使館のエーヤワディ・ホールに於いて、独立70周年記念レセプションが盛大に開催され、多くのミャンマー関係者が参列されました。
    → 詳細はこちら
  • 渡邉会長、渡邉常務理事のミャンマー出張(2017年12月20日〜26日)
    渡邉会長と渡邉常務理事は、12月20日から12月26日の日程でミャンマーへ出張し、ネピドー、ヤンゴン、マンダレー、ミッチーナ(カチン州)を訪問しました。
    → 詳細はこちら
  • ティン・チョウ大統領歓迎晩餐会(2017年12月14日、16日)
    渡邉会長は、ティン・チョウ大統領夫妻が来日中に開催された12月14日の安倍総理大臣夫妻主催の歓迎晩餐会、また16日の笹川陽平日本財団会長(ミャンマー国民和解担当日本政府代表)主催の晩餐会に来賓として出席しました。
    → 詳細はこちら
  • ウィン・ミン下院議長一行の歓迎夕食会(2017年12月1日)
    大島衆議院議長の招待により、ウィン・ミン下院議長一行が11月27日~12月2日の日程で来日されました。
    → 詳細はこちら

お知らせ

  • テイラワSEZ経済特別区(工業団地)に関するお問合せ
    2013年10月下旬に上記開発を行う日緬JV(日本側出資者:丸紅・三菱商事・住友商事)、エム・エム・エス・テイラワ事業開発会社が設立され、11月3日に現地にて起工式が行われ、2014年5月より販売が始まっています。弊協会としても中核3商社と連携して本プロジェクトに対し万全のサポートを行っていきます。
    この工業団地に関心がある企業様は協会事務局(03-3234-3670)へお問い合わせ下さい。(担当:小松、渡邉祐介)



  • ※渡邉 秀央事務所へのお問い合わせは TEL.03-3237-0948
    FAX.03-3237-0958へお願い致します。