発展するMyanmar

日本とミャンマーとの関係は、戦前、戦中、戦後を通じ緊密な関係にありました。それは、第一にミャンマーの人々の人柄と優しさと仏教国としての共通性等がミャンマーにかかわってきた多くの日本人を魅了してきたという事実がその背景にあったからです。
日本ミャンマー協会は、日本ミャンマー間の民間レベルによる経済、社会及び文化等を含む幅広い分野の交流の増進をはかり、両国間の親善を強化、発展させ、WIN-WINの戦略的関係を構築するため邁進します。


新着情報

2022年10月23日〜30日

ヤンゴンで開催された第21 回日本語スピーチコンテスト優勝者が来日

当協会も協賛し2020年11月にヤンゴンで開催された「第21回日本語スピーチコンテスト」で優勝者が、日本在外企業協会が主催し日本アセアンセンターが共催する「第36回日本語スピーチ発表会」に参加するために来日しました。
本来であれば2020年に来日する予定でしたが、コロナ禍で東京での発表会開催は中止となり、今回の来日となったものです。来日に際しては、当協会が協賛してヤンゴン・東京間の往復航空券を優勝者に対して副賞として毎回贈呈しています。
10月27日に開催されたスピーチ発表会は3年振りに対面での開催となりましたがコロナ禍の影響もあり、ミャンマー、フィリピン、マレーシア、ラオス、カンボジア、タイのアセアン6ヵ国から8名の優勝者/優秀者の参加となりました。
優勝者は、日本語を学ぶきっかけとなった「柔道選手私と日本語の特徴」をテーマにスピーチを行いました。
将来は日本語をさらに学び、講道館でさらに柔道を学び、日本とミャンマーの架け橋となり、両国の交流に貢献したいという熱い思いを語り、見事に「日本在外企業協会会長賞」を受賞しました。今回の発表会に先立ち、当協会では優勝者の激励会を開催し、渡邉会長より日本語の書籍を贈呈しました。

写真はこちら [Photo PDF]
2022年6月28日

第11期定時理事会・社員総会を開催

当協会の第11期定時理事会、社員総会を開催致しました。総会には、理事/会員企業からの代表者など多数が出席し、2021年度決算、2022年度収支計画/事業計画・方針、理事の辞任、辞任に伴う新任理事の選出など、全ての議案が承認されました。
写真はこちら [Photo PDF]
2022年5月10日

高齢者介護研修コース第1期生の開講式に渡邉秀央会長が出席

ヤンゴンの中央訓練学校で、高齢者介護の研修コース第1期生の開講式が行われました。 その式典では、国境省のトゥン・トゥン・ナウン連邦大臣と当協会の渡邉会長がそれぞれスピーチを行ない、介護研修コースの開設目的について説明を行いました。 また、研修生の代表に対して、研修中の資金援助や教材などの目録が贈呈されました。
写真はこちら [Photo PDF]
2022年2月10日

理事懇談会、会員報告会を開催

最新の現地情勢について、1月の現地出張を踏まえて渡邉会長より協会理事、協会会員企業に対して報告会を開催しました。理事懇談会に引き続き開催された会員報告会には、コロナ対策の施された会議室に多くの会員企業が出席し、渡邉会長の報告に熱心に耳を傾けていました。
写真はこちら [Photo PDF]
2021年12月

渡邉会長の祝辞:ミャンマー元留学生協会(MAJA)設立20周年

ミャンマー元留学生協会(MAJA:Myanmar Association of Japan Alumni)の設立20周年に際し、渡邉会長よりMAJAへの祝辞を贈りました。同協会は2001年12月10日、ミャンマー連邦の国民の日に49名の会員により設立され、設立時の会員の多くは、1943年~1945年の第二次世界大戦中、日本に留学されていた方々で同協会の後援者でもあります。MAJAは、当協会も協賛する日本語スピーチコンテストをはじめとする日本語普及、日本への留学支援、日本との文化交流などを主な活動として社会に貢献し、現在3,000名を超える方々が会員となっています。

会員向け協会情報誌 バックナンバー : 主要項目

MYANMAR FOCUS 41号 41号(2022年11月発行)
  • 2022年2回目の国防治安評議会(NDSC)が開催、
    8月1日ミン・アウン・フライン国家統治評議会議長がスピーチ
  • アウン・ナイン・ウー商業大臣がティラワ経済特区を訪問
  • ソー・ウィン国家統治評議会副議長
    ティラワ経済特区は成功し、国家経済に大きく貢献
  • ミン・アウン・フライン国家統治評議会議長、
    国営ロシア通信社のインタビューに応じる
  • 7月〜10月の主な出来事
  • 日本ミャンマー協会活動報告
MYANMAR FOCUS 40号 40号(2022年7月発行)
  • 日本ミャンマー協会 第11期定時理事会・社員総会を開催
    渡邉会長からの挨拶・発言概要
  • ミン・アウン・フライン国家統治評議会議長より弔意メッセージ
  • 渡邉会長がミン・アウン・フライン国軍総司令官より親書を受領
  • 次期総選挙の進捗について
    UECのKhin Maung Oo 委員が説明
  • ソー・ウィン暫定政府副首相がティラワ経済特区(SEZ)を訪問
  • 高齢者介護研修コース第1期生の開講式に渡邉秀央会長が出席
  • ヤンゴンの今
  • 4月〜6月の主な出来事
  • 日本ミャンマー協会活動報告
MYANMAR FOCUS 39号 39号(2022年4月発行)
  • 理事懇談会、会員報告会を開催
    渡邉会長よりミャンマー出張報告を実施
  • ミン・アウン・フライン国家統治評議会議長による
    2022 年2月1日のスピーチに寄せて
  • ミン・アウン・フライン国家統治評議会議長による
    国家統治評議会の担った1年間の国家の責務についてのスピーチ (2022年2月1日スピーチの和訳)
  • 非常事態宣言からこれまでの主な出来事
  • 国際協力機構(JICA) ミャンマー新事務所長
    工藤勉所長が3 月にヤンゴンへ赴任
  • 日本ミャンマー協会活動報告
MYANMAR FOCUS 38号 38号(2022年1月発行)
  • 新年のご挨拶 日本ミャンマー協会会長 渡邉 秀央
  • 理事懇談会を開催
    渡邉常務のミャンマー出張報告を実施
  • 暫定政府 連邦大臣の顔ぶれ
  • 当協会協賛 第22 回日本語スピーチコンテスト
    ヤンゴンからオンラインで開催される
  • 渡邉会長が祝辞を贈る
  • 日本ミャンマー協会活動報告

1号から37号まではこちら



会員募集のお知らせ

2012年3月に協会活動を開始して以来、お陰様で大企業のみならずミャンマーに関心のある多くの中小企業様にも加入戴き、様々な分野で活発な活動を行っています。
昨今の両国関係の深化を踏まえ、更にミャンマーに関心のある企業様に会員になって戴き「各分野での両国間の交流」「情報の共有」などに努めて参りたく、改めてご案内致します。

尚、詳細・申込方法などはHPの「入会のご案内」欄をご参照下さい。電話でのお問い合わせは「03-3234-3670 協会事務局」までお願いします。

  • Myanmar Calendar




  • ティラワSEZ開発 PDF

今後のイベント予定

  • MYANMAR FOCUS 42号
    (2023年1月発行)

完了済

  • 理事懇談会を開催(2021年11月25日)
    2月1日の非常事態宣言発出後10ケ月に迫る状況下、最新の現地情勢について、9月中旬から11月中旬の現地出張を踏まえて渡邉常務理事より協会理事に対して報告会が開催されました。
    → 詳細はこちら
  • 第22回日本語スピーチコンテスト(当協会協賛)(2021年11月13日)
    11月13日、日本大使館、国際交流基金ヤンゴン日本文化センター、ミャンマー元日本留学生協会(MAJA)の共催による第22回日本語スピーチコンテストが開催され、当協会も例年通り協賛しました。
    → 詳細はこちら
  • 理事懇談会を開催(2021年10月1日)
    当協会の渡邉秀央会長と渡邉祐介常務理事は、2021 年2 月1 日の非常事態宣言発出の事態から約8 カ月が経過した9 月中旬から下旬の日程でミャンマーに出張しました。
    → 詳細はこちら
  • 渡邉常務理事がコロナ医療従事者へ支援物資を寄贈(2021年09月28日)
    ミャンマー出張中の渡邉常務理事が、9月末にヤンゴンのコロナ治療センターで活躍する医療従事者の方々と面談し、最新の感染状況、感染者数の動向などについてヒアリングを行いました。
    → 詳細はこちら
  • 渡邉常務理事がヤンゴンの北島酸素を訪問(2021年09月28日)
    ミャンマー出張中の渡邉常務理事は、田中JETRO ヤンゴン事務所長とともにヤンゴンにある北島酸素ミャンマーの現地会社を訪問しました。
    → 詳細はこちら
  • 第10期定時理事会・社員総会を開催(2021年06月30日)
    当協会の第10期定時理事会、社員総会を開催致しました。
    → 詳細はこちら
  • 理事懇談会、社員懇談会を開催(2021年02月26日)
    ミャンマーの混乱が拡大している状況下、最新の現地情勢について、現地出張を踏まえて渡邉会長より協会理事、協会会員企業に対して時勢を捉えた報告会が開催されました。
    → 詳細はこちら
  • ソー・ハン新大使の就任・歓迎レセプション(2020年12月2日)
    ソー・ハン新駐日大使の就任・歓迎レセプションを当協会主催で開催しました。新型コロナ感染予防対策が施されたレセプションには、政財界の重鎮はじめ関係省庁の関係者、当協会の会員企業の皆さん、ミャンマーと関わりの深い多くの方々が参加されました。
    → 詳細はこちら
  • 理事懇談会を開催(2020年12月2日)
    12月2日、当協会の理事参加による懇談会が都内のホテルで開催されました。
    → 詳細はこちら
  • 第21回日本語スピーチコンテスト(当協会協賛)(2020年11月21日)
    11月21日、日本大使館、国際交流基金ヤンゴン日本文化センター、ミャンマー元日本留学生協会(MAJA)の共催による第21回日本語スピーチコンテストが開催され、当協会も例年通り協賛しました。
    → 詳細はこちら
  • ミャンマー医学教育普及促進プロジェクトの準備会議(2020年11月5日)
    当協会では、ミャンマーの基礎医学・知識・技術の教育体制の自立発展を支援しています。
    → 詳細はこちら
  • 新駐日大使に外務省次官のソー・ハン氏(2020年9月24日)
    ミャンマー政府は9月24日、新駐日ミャンマー大使として、現外務省次官のソー・ハン氏(Mr. Soe Han)を充てる人事を発表しました。
    → 詳細はこちら
  • ミャンマー大使館にマスク約30万枚を寄贈(2020年9月8日)
    当協会では、会員企業であるジェイ・オー・ピー協同組合の協力を得て、マスク約30万枚をミャンマー大使館に寄贈しました。
    → 詳細はこちら

お知らせ

  • テイラワSEZ経済特別区(工業団地)に関するお問合せ
    2013年10月下旬に上記開発を行う日緬JV(日本側出資者:丸紅・三菱商事・住友商事)、エム・エム・エス・テイラワ事業開発会社が設立され、11月3日に現地にて起工式が行われ、2014年5月より販売が始まっています。当協会としても中核3商社と連携して本プロジェクトに対し万全のサポートを行っていきます。
    この工業団地に関心がある企業様は協会事務局(03-3234-3670)へお問い合わせ下さい。(担当:小松、渡邉祐介)


  • ※渡邉 秀央事務所へのお問い合わせは TEL.03-3237-0948
    FAX.03-3237-0958へお願い致します。